ブログ

まだ家が建築中ですが、ガーデンエクステリア工事の相談ができますか?

ちろん可能です。 ご相談の際には、敷地平面図、建物立面図や現況写真をお持ちいただくとより具体的なお話ができます。
建築中、もしくは設計の段階でのご相談も承っております。お気軽にお問合せ下さい。
建築の内容によっては、建築工事と同時にエクステリア工事を進めないといけない場合もあります。
そのような場合は、設計・建築の段階から設計施工を行っております。
早い段階から、お庭づくりについて計画を立てておくとお庭にいくらかかるのかという予算の目安が立てやすくなります。
また、建物とお庭が同時にできると、住まいを開始された時から便利に屋外スペースもご利用頂けるという利点があります。
でも、少し待って下さい。
ただし、弊社では特段庭造りを急がれないのであれば、実際に最低、1ヶ月程居住を始められてからお庭造りを始める事をお勧めしています。
家を建てるにあたって、建物の仕様の決定、引越しの段取り、届け出の提出等で
スケジュールが一杯になっていませんか?
お庭の事まで考える余裕が無くなっていませんか?
建築とお庭が同時に完成する事には、上記の様なメリットもありますがデメリットもあります。

以下、お客様からお聞きしたデメリットです。

  • 家の事や引越しの事などで忙しく、結局庭の事は何も考えられなかった
    (お客様のセンスや想いを庭に活かす事が出来なかった。ほとんど業者任せになってしまった。)
  • 生活スタイルに合ってなく、使いにくい
    (普段の生活でよく通行する場所に構造物がある 立水栓が使いにくい場所にある 駐車場の台数が少なかった リビングが丸見え 造ったのはいいけどまったく使わないデッキやテラスがある 自転車やバイクを置く場所がない 収納庫を置く場所がない)

残念ながら、住居を開始されてから上記の様なデメリットを感じ、早々にお庭をリフォームされる方も珍しくありません。

お庭空間は、極論を言ってしまえば、
建物さえ存在すれば無くても暮らせるスペースです。

しかし、きちんとつくれば、建物だけの敷地に住むより、お客様がより便利に、より豊かに生活できるスペースなのです。

だったら、少しだけでも新しい家に住んで、生活をして、庭に何が必要なのか落ち着いて考えてそれからお庭づくりを開始しても遅くないのではないでしょうか?

私たちは、お客様のライフスタイルに即した、建物と調和する、長い目で見てご満足いただけるお庭創りを目指しています。
デザインだけではない、使いやすい空間こそ、長く愛せるお庭になるなのではないかと思います。

庭の使い方もライフスタルと共に変化します。
今一度庭の使い方を見直してみてはいかがでしょうか?
お気軽にご相談下さいね。♪

季庭楽たけむらのご紹介 - Information -創業1977年

スタッフ写真

季庭楽たけむらのホームページをご覧いただきありがとうございます。

お気軽にお問い合わせください。
私たちが誠心誠意ご対応させていただきます。

TEL・FAX 053-448-2590
メールでのお問い合わせはこちら


ページ上部へ戻る